TOP > 注文建築 > 注文住宅Q&A

注文住宅Q&A

注文住宅についてよくある質問をまとめました。

  • 注文住宅と規格型の
    住宅の違いは?
    規格型の住宅とは、あらかじめ決められている数タイプの仕様と間取りから選んで建てる住宅のことです。その点、一からプランニングをしてつくっていく住宅が注文住宅です。それぞれの住まいへのこだわりを実現し、ほかのどこにもない自分だけの住まいという、何物にも代えがたい満足を手に入れることができるのです。
  • 注文住宅はどのくらい思い通りの
    家がつくれるの?
    注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないので、外観のデザイン、間取りはもちろん空間づくりや細やかな収納アイデア、内・外装材もちろんバリアフリーや介護に至るまで自由に選択・実現することができます。
  • 注文住宅で
    建てる人って少数派なの?
    注文住宅は少数派と思われる方も多いかと思いますが、現実は全く逆です。わが国で建築されている住宅の約半数程度は注文建築によるものです。思い通りの住まいを実現できる注文住宅の良さが、広く支持されていることが分かります。
  • 土地が狭いのだけれど、
    注文住宅なら対応してもらえるのかな?
    狭小敷地や変形敷地に快適な住まいを実現できることこそ、注文住宅の魅力です。高い自由度を十分に活かし、限られた土地を最大限利用できます。
  • 注文住宅って
    高くないの?
    予算に応じて、きめ細かな提案ができるのが注文住宅の特徴です。設備の資材などを自由に選ぶことができるので、コストダウンを徹底する部分と費用を掛けてこだわりたい部分とを分けて柔軟に家づくりをすることが可能です。つまり、予算の範囲内で最も希望にかなう住まいを実現することができるのです。
  • 注文住宅は自由だといっても、
    制約はないの?
    法で定められた構造強度の基準などがクリアされれば、基本的には制約はありません。
  • 注文住宅を建てる
    メリットは何ですか?
    注文住宅は規格型住宅と比べて制約が少ないため、デザインや間取りはもちろん、設備、収納から内・外装に至るまで自由にアイデアを出して決定できます。自分らしい家づくりができるのが大きなメリットと言えるでしょう。
  • 二世帯住宅を
    考えているのですが…
    増改築の自由度が高いのが注文住宅です。規格型住宅は構造上変更できない箇所が出てくる場合もありますが、お客様の使用頻度とライフスタイルに合わせた家づくりが可能です。注文住宅ではそうした要望を取り入れた住宅をつくることができます。
▲ページトップへ