link-tel icon-fb icon-insta icon-mail logo-g logo-y2

Quality
建築仕様

構 造

大切な時間・空間・財産を守る 制震と耐震のテクノロジーを標準装備

耐力壁+制震ダンパー

壁倍率5倍取得

国土交通大臣認定

壁倍率5倍の耐力壁制震FRダンパー

従来の耐震構造に加えて、3Mが開発した木造軸組用摩擦ダンパー(FRダンパー)は、大地震や繰り返し起こる大きな地震に対して、住宅の安全・ 価値を守る新しい技術です。

繰り返し地震に強く、安定した性能を発揮。

摩擦材には、速度、温度、湿度、水分にも性能変化がほとんどなく、安定した性能を発揮します。鋼材系のダンパーのように、疲労で破断する心配もありません。

地震の揺れを最大70%低減

建築基準法の想定は、震度6強までであり、繰り返しの地震を想定したものではありません。そこで、想定外の地震に対してさらなる安全をプラスするのが制震構造であり、摩擦を利用した新しい制震ダンパーが地震の揺れを吸収します。

〉FRダンパーについて詳しく見る


耐震構造

『ワンランク上』の安全・安心をお届けする、
住宅構造。建築基準より耐震性1.5倍!

基礎は丈夫なベタ基礎を採用。床下全面に13ミリの太い鉄筋を20センチピッチで配した鉄筋コンクリート一体型としました。耐久性と耐震性がともに向上し、ワンランク上の住まいをお届けします。 柱+横架材+構造用合板とすることで、壁が面になり外力をバランス良く分散、変形しにくい構造です。

構造用合板(ノボパン)

面で力を受け止め、柱への負担を軽減します。 柱と柱の間に枠をつくりはめ込んでいきますので、通常多く使用られている製品よりも強度がでます。壁倍率:ノボパン2.9倍、筋交いシングル2.0倍(90×45)を実現します。

〉耐震構造について詳しく見る

プレカット工法

ベタ基礎

基礎パッキン

通気工法